年賀状の作成は楽しみ

年賀状を作る時期になると、改めて今年届いた年賀状を確認することが定例になっています。
そして、差出人の確認や喪中の方などのリスト整理から始める事が多いです。

お付合いが多い方だけに限らず、学生時代の友人だったり職場の元同僚だったりと、普段会えない方にも年賀状を通して、お互いの近況報告が出来るのも楽しみの1つです。
ただ、年賀状のデザインに関しては毎年頭を悩ませてしまいます。
達筆な方でしたら、ご挨拶の言葉だけでも絵になると思いますが、なかなか誰でもそのような訳にもいきませんし、しかも枚数が多いとなると、当然時間もかかってしまうので、結局まとめて作るようになってしまいます。
そこで、我が家では年賀状に家族写真を使って毎年作成を行っています。
但しデザインを決める時の約束事として、子供単独の写真だけを載せることはしないと言う事です。
よく聞く話しですが、送る相手にとって我が子の成長を手放しで喜んでもらえるかどうかは微妙のようです。
また、人によっては親の自己満足でしかないとか、祖父母が孫の写真で年賀状を送る事に疑問を持つ方も多いようです。
やはり、せっかく頑張って作った年の初めのご挨拶ですし、受取られた方も気持ちよく見て頂きたいと考え、我が家は前年の一大イベントであった家族写真を掲載したり、季節ごとの出来事を写真を使って掲載したりと、しています。
また、写真の下には、送る相手の方に合わせ関連したコメントを書くようにもしています。
今では年賀状も個人で簡単にデザイン出来るようになりましたし、翌年の干支などを用いた可愛いイラストなども沢山あって、パソコンにダウンロードさえしてしまえば手間などかからなく、とても楽で素敵な年賀状が出来るのですが、実はちょっとしたところで思わぬ時間がかかっていました。
それは、写真選びに結構時間がかかっている事です。
デザインを考えたり、子供がイラストを描いたりと、年賀状を作り出す段階で家族の会話が増えるところまでは良いのですが、写真選びが始まると、つい最近の事なのにも関わらず懐かしくなってしまい、年賀状には使わないであろう写真までじっくりと見入っていて、気付くとあっという間に時間が経過してしまいます。
毎年、年賀状を作り出してから完成までの時間がかかることは理解しているので、今年こそはもっと早く作り出そうと気合を入れて始めてますが、いつもギリギリになってしまいます。
年賀状作りは大変と思いながらも、家族で楽しみながら行う12月イベントの1つです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です