オリジナル年賀状を家庭でデザインして専門業者で印刷

日本の正月には、正月の期間は食料品店などが長い休日とることが多かったので、おせち料理を年末に用意して家族や親戚で集まって食べるなど様々な習慣があります。子供のころの正月の一番の楽しみはやはりお年玉です。そのほか、注連縄や初詣や書初めや初夢など正月にまつわる風習はいまでも続いています。また新春の買い物のたのしみといえば福袋があります。その正月には、年賀状を送りあう習慣があり、元日の朝の郵便受けにはがきが配達されたとき新年を迎えた実感がわきます。はがきには電話や電子メールで連絡するのとは違った趣があります。日ごろからお世話になっている人や、最近疎遠になりつつある人に、はがきで新年に挨拶する習慣はやはり日本人には欠かせないものです。
年賀状は元日にまとめて配送してもらうために、一般的に年末に書いてまとめて出します。年を重ねるつけて知り合いの数が多くなるもので、その枚数は増えていきます。それらの多量のはがきを年末のあわただしいときに書くには、手書きだと大変な負担になります。そのため、会社などでは業者に一括して作成を依頼してだすことが多くあります。いまや家庭でもパソコンの普及のおかげでパソコンの専用のソフトウェアで年賀はがきをデザインして出す人が増えています。年賀はがき編集のためのテンプレートなどもインターネットでダウンロードできます。
このように年賀はがきを家庭で作成することが可能なのですが、家庭用のプリンターは大量に印刷するようには設計されていないし、出力にかなり時間がかかります。また多量の年賀はがきを作成するとインク代もかなりの金額がかかります。一般的な家庭用のプリンターはインクジェット方式なので長期間の保存には不向きです。はがきを出力するときに、紙詰まりや汚れなどでやり直すことも多くなるために、家庭で印刷することがかえってコストアップになることがあります。そこで年賀はがきを大量に作成する方法として、デザインを家庭でやってデータを年賀はがき作成専門の業者に依頼するやり方があります。最近はインターネットを通じてデータを提出できる専門業者も多いので、会社や店舗に行かなくともな、年賀はがき作成のサービスを受けることが可能です。
年賀はがき作成を請け負う業者には、家庭で年賀はがきを作成することではできない様々なオプションがあります。まず最初にデザインを代行してもらうこともできます。自分のパソコンでデザインを編集するのが一般的ですが、デザインが苦手な人にはありがたいサービスです。また特殊な紙やインクを使って、印刷して仕上げることも可能です。

Powered by WordPress and commune mairie